04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

東日本大震災、その後の私

2011/03/15
宮城県沖を震源とする 大地震。
今日で4日が経ちました。
朝から 計画停電(輪番停電)に踏み切る可能性がある、とニュースで言っています。




夜遅くに帰ってきても 日頃どおりに目が覚めました。
芯まで冷えた体は 布団にもぐっても暖まらず 寝た気がしません。

余震が起こるたびに 新宿で遭った地震がフラッシュバックします。
また、実際には揺れてなくても揺れているような感覚があり
常に心拍数が上がっているような感じです。


ニュースで どんどん悲惨な画像が映ります。
被災者に「どうでしたか?」と訊く デリカシーのない記者に 腹が立ちます。
再会した家族の映像に涙があふれます。

みんな、みんな 怖かったよね。
私もホンのちょっぴりだけど、味わったから わかるつもりだよ。

そんな気持ちで眺めてます。


でもどこかで 自分が少しおかしい、とも思ってます。
寝ても寝ても、疲れが抜けないし 編物で気を紛らわそうとしても 全然集中できません。
不意に泣けてくるし 怖さも襲ってくる。

twitterで こんな記事がリツイートされていました。

災害時のメンタルケア

主人は、様々な番組で流す映像を 淡々と見ています。
今後 自分が遭遇した時の糧にするんだ、と言ってます。
(自分の感情に流されず建設的に物事を見るところは 私の父と似てます。(苦笑))


一緒に見ている私は 時々 気持ちがどうにかなりそうになります。
吐きそうな気がして 慌ててテレビから離れました。


結構 精神的にギリギリなところにいるのかもしれません。
実際に被災した人に比べたら ぜーんぜんなんともないのに。
家もあるし食べるものもある。電気も(停電あるけど)つく。

たったあれだけの地震で こんなになるなんて、
恥ずかしいし情けない

でも、不安定な自分。



他人の手を煩わせずに 日々を過ごすことが
今、出来る事なんだと痛感します。
出来る範囲で 自分が潰れない程度にする。


過去にも 自分でなんとかしてきたから
きっと今回も 何とかできる。
自分を客観視して、あぁ無理だと思ったら 周囲に気を遣うことを止めてみる。
自分第一にしようとしても きっと出来ないから
ホンの少しだけ 我儘させてもらう。


ホンの僅かな揺れが 今は怖くてたまらない。
それを押し殺さずに 怖い、と言う。
そのうち 怖いけど大丈夫、と思えるようになるから
それまではヘンに強がらない。

今はこんな風に過ごしています。


※被災された現地の方の頑張りに 自分はもっと頑張らなくては、と気付かされます。
 被災地に 一刻も早く心休まる時が来ますように。
00:59 日常/日常

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。